鼻づまりの予防法と耳鼻科での治療について。

鼻づまりの予防と治療

鼻づまりが起こると呼吸がしづらくて集中力が下がる、鼻声になるなど日常生活では不便なことも多いですし、症状がひどくなると慢性化する恐れもあります。

そのようなときは耳鼻科で治療できますが、できればそうなる前に予防したいところでしょう。

おすすめの予防法のほか、耳鼻科での治療法についてもご紹介しましょう。

鼻づまりを防ぐには

鼻づまりの原因はたくさんあり、そのすべてを予防するのは難しいですが、主要な原因の予防ができれば鼻づまりが起きにくくなるでしょう。

まずご紹介する原因は副鼻腔炎です。

鼻の奥で炎症が起こっており、これが原因で鼻づまりが起こります。

この副鼻腔炎が起こるきっかけになりやすいのが風邪ですから、まずは風邪予防を心がけてください。

“鼻づまりの予防法と耳鼻科での治療について。” の続きを読む

頭痛治療は耳鼻科もおすすめ

頭痛治療は耳鼻科もおすすめ

頭痛が持病になっている方も珍しくなく、これの治療に悩んでいる方も多いでしょう。

そういうときは早めに病院に行くことも大事です。

早期受診により頭痛の症状の原因特定や治療が早くに終わり、症状の悪化は予防できる場合があります。

できれば一度も病院に行かなくて済むのが誰にとっても理想かもしれませんが、体の不調
を一度も起こさないのは非常に困難です。

毎日忙しく生活している方だとなおさらそうなるでしょう。

頭痛治療に悩むときは早めに病院で相談してみるのもおすすめです。

“頭痛治療は耳鼻科もおすすめ” の続きを読む

耳鼻科領域に原因のある頭痛

耳鼻科領域に原因のある頭痛

頭痛は頭が患部となる症状ですから耳鼻科の診察領域からは少し外れています。
片頭痛など頭痛の持病がある方は内科や頭痛外来などの利用がよくおすすめされますが、耳鼻科はまったく頭痛を診ないのかというとそうではありません。
耳鼻科の診察領域に異常があり、それが頭痛の原因となっている場合もあるためです。
どんなものがあるかというと、たとえば副鼻腔炎です。
鼻の奥にある空洞で炎症が起きている病気で、ここに膿が溜まります。
短期間の副鼻腔炎が急性、三か月以上の長期にわたってこの症状が出た場合を慢性と呼びます。
“耳鼻科領域に原因のある頭痛” の続きを読む

駅近の病院なら通いやすいので続けられる

通いやすさはいい病院の第一条件

多くの人が病院を選ぶときの基準に通いやすいことを上げています。

通いやすいということは最初の受診を早めることになります。

通勤途中や家の近くにあれば、多少気後れしていても行ってみようかという気持ちになれるのです。

また、治療中も面倒な気持ちになることもありますし、忙しくて時間が取れない日も出てきます。

そんな時でも通いやすい場所にあれば続けることができます。

通いにくいと、症状が緩和してきたタイミングで、いったん中止してみたりそのままいい加減に通わなくなったりすることもあります。

通いやすい条件とは

まず一番大切なことは、通勤途中にあったり自宅のそばにあることです。

ただし、性病治療に関していえば自宅近所は距離は通いやすいかもしれませんが、気分的に通いにくい場所です。

できることなら、人に出会いにくい場所、出会ったとしても紛れ込みやすい場所の方が気が楽です。

駅ならあまり目立たない

駅は人が多くあまり目立たずに行動できます。

また人に出会っても不自然な場所ではありません。

そういう意味でも駅近の病院はとても通いやすいといえます。

気分的なことを考えないにしても、駅に近ければ回り道の必要もないので通いやすくなります。

特に魅力的なのは、駅から5分程度、5分以内で行ける場所にあることです。

会社帰りにちょっと寄るにしても、雨が降っていたり、暑さや寒さの直撃を受けると嫌気がさします。

駅近、特に駅から直結の場合には天候の影響も少ないので助かります。

駅近は時短にもなる

通院でも買い物でも、そこに到着するまでに時間がかかるのはうんざりします。

特に忙しい生活をしている人にとっては移動時間が長いのはとてもイライラするものです。

駅近なら無駄な時間を費やさなくても済みます。

通院でストレスを貯めるという情けない事態も回避できます。

駅近病院は流行っているところが多い

駅近は距離や時間という意味で大きな魅力があります。

流行っている病院が多い理由の一つです。

病院選びの基準の一つに実績があります。

実績の多い病院は沢山の症例を見るので治療方法も確立されてるという期待がもてます。

ただ近いというだけではなく、検査や治療のスキルがすぐれている可能性が高いのです。

これこそがいい病院の本当の意味の第一条件です。

駅近病院は患者数がおおいため口コミの数も多いものです。

患者として病院を選ぶ場合に参考にできるものがたくさんあるのも駅近病院の特徴です。

病院の選び方

病院の選び方の基準に大きな要素を占める通院しやすい病院

お医者さんが通院しやすい病院を推すのには意味があります。

通院が不便だと受診する意欲がそがれてしまうのです。

そうなれば受診が遅れて病状が悪化する可能性も出てきます。

たかが風邪と侮っていてはいけません。

自己判断で風邪の症状だと思い込んでいてももしかしたらその陰に重篤な病気が隠れているかもしれないのです。

また、治療が完全に終わるまできちんと通院するには通院しやすさはとても重要です。

病院の通いやすさは病院の選び方の中でもとても大切なことです。
“病院の選び方” の続きを読む

耳や鼻の不調が起きる風邪

風邪とは

風邪の時におきる耳や鼻の不調は病名を掲げると急性上気道炎、急性咽頭炎・急性咽喉頭炎、急性喉頭炎(声帯炎)・急性扁桃炎・扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍・咽後膿瘍、気管炎・気管支炎などです。

風邪の症状

一般的な症状としてはのどの痛みや、咳、痰が絡むなどの症状が起きます。
鼻水は最初は無色のさらさらした状態ですが、ひどくなると黄味がかって粘りも出てきます。
また物を飲みにくくなります。
発熱もあります。

菌が消化器に感染すれば嘔吐、腹痛、下痢、時には目が痛んだり充血したりすることもあります。

“耳や鼻の不調が起きる風邪” の続きを読む

鼻の辛い症状の予防

鼻の辛い症状の予防

鼻には鼻水が出る、鼻がつまるなどの症状がよく現れますが、これらが起きると息がしづらい、しゃべりづらい、食べ物の味がわからないなど辛い症状となりがちです。
これを予防するには、鼻の症状が出る病気やアレルギーをできるだけ予防することが大事です。
“鼻の辛い症状の予防” の続きを読む

マスクの付け方

マスクの付け方

風邪予防のためにマスクをつける方も多いですが、付け方が大事です。
これが間違っていると風邪予防の効果も高まりません。
せっかく風邪予防のためにマスクをつけるのですから、なるべく効果的な付け方を意識してみてください。
大事なのはまず鼻と顎をきちんと覆うことです。
これら部位がマスクで覆えていないと細菌やウイルスが侵入しやすくなり、あまり意味がなくなります。
“マスクの付け方” の続きを読む

花粉症対策について

花粉症の対策

毎年春になると花粉症が出る方も多いですよね。
つらい症状を少しでも軽くするための対策としてどんなことに気をつければいいでしょうか?
これについておすすめなのは病院を受診することです。
花粉へのアレルギーがある方は一度病院で相談してみるといいでしょう。
すると薬を処方してもらえます。
これを使うことで症状が抑えられ、かなり楽になりますよ。
このような対策がおすすめなのは、花粉症はアレルギーとなるため、アレルゲンとなる花粉がある限りは症状が続くことが多いためです。
そして花粉はシーズンが終わるまで空気中を飛んでいることが多く、室内にいても完全に防ぎきれるものではありません。
室内に入った花粉を完全に除去するのも難しいですし、それができたとしても花粉の季節にずっと室内にいるわけにもいきませんよね。
ではどうしたらいいかというと、アレルギーを抑える薬を使うのがおすすめとなるのです。
それを使うことで外に出てもアレルギーの症状があまり気にならなくなります。
花粉のシーズンでも普段通りに生活できるでしょう。
“花粉症対策について” の続きを読む

のどのケアの方法

のどのケアの方法

風邪をひいたときにのどの調子がおかしくなることはよくあります。
まずのどから風邪が始まる方など、のどのケアは重点的に行いたいでしょう。
風邪予防などを考えるとき、どのようなケアをすればいいか方法をご紹介しましょう。

うがい

風邪予防の方法として、手洗いとともによく推奨されますよね。
外から帰ってきたときなどうがいをするといいでしょう。
のどのケアを考えるならうがい薬を使った方がいいように思うかもしれませんが、最近の研究では水のうがいの方が風邪予防になることがわかっています。
ただの水でいいなら特に準備もありませんし、自宅以外の場所でも気軽に行えるケアの方法となります。
口の中を一度しっかりゆすいだあと、水を使ってガラガラとうがいをしてください。
のどについているホコリや異物などを洗い流すほか、せん毛の働きを活発にして細菌やウイルスの付着を防ぎやすくする効果もあります。

マスク

マスクをすることで異物がのどに入りにくくします。
また、マスクをすると、外の空気は乾燥していても、マスクの中は湿度が高くなり、のどが乾燥しにくくなります。
これも風邪予防のためには大事なことです。
のどが乾燥すると風邪もひきやすくなりますが、マスクをすることで乾燥を防ぎ、風邪をひきにくくなるのです。

のど飴

のど飴にはのどのケアになる成分が含まれていますから、なめることでのどが少し楽になります。
のどが痛いときになめる医薬品としてののど飴もありますが、まだ痛みなどがなければ普通の食品としてののど飴で十分です。
これをなめることでのどが加湿され、風邪をひきにくくなるという効果もあります。

適度な加湿

のどを痛めないためには適度な加湿が大事です。
自宅の部屋などが乾燥しているとのども乾燥しやすくなり、風邪をひきやすくなる恐れがあります。
加湿器を使う、タオルを濡らして干すなどするとお部屋の湿度が上がります。
これものどをケアする方法となるでしょう。

のどを酷使しない

のどをケアする方法として、酷使を避けることも大事です。
カラオケに行きすぎる、大声を出し過ぎるなどするとのどを痛めやすくなります。
通常に使う分には問題ありませんから、酷使し過ぎないようにしてください。

のどが痛いときは

のどのケアの方法をご紹介しましたが、これらを実践してもやはりのどが痛くなることもあります。
そのときはしっかり休養することも大事です。
風邪をひいたときにのどが痛くなるのは体の免疫反応となりますから、これを無理に抑えると治りが遅くなることもあります。
少し痛い程度ならしっかり休養しつつ様子を見るのもおすすめです。
痛みがひどいときや、それによって水も飲めないなどのときは、速やかに耳鼻科など受診してください。